HPG 2014 report

今や猫も杓子もレイトレという世の中, レイトレの国際学会といってもおかしくないであろう HPG 2014 に参加してきました. http://www.highperformancegraphics.org/2014/   今年の HPG 2014 は EGSR 2014 と共催で, フランスはリヨンの University of Lyon で開催されました. 講堂がヨーロッパらしくてここで学問を極めることができるとは, リヨン大のひとはなんと恵まれているのでしょう. そしてローヌ川もすぐ近くにあってサイクリングや運動するのに最適です. 感動です. Arnold レンダラの Marcos が「レイトレはどうやって VFX 映画界を制覇したのか!」という内容のキーノートスピーチを行いました. 論文発表では皆さんレイトレ研究だったりハイパフォーマンスグラフィックスの成果を切磋琢磨して発表していました. 素晴らしい. 今年はスマホ時代のグラフィックス処理をどうするか? もトレンドとして見えてきたりしました. コーヒーブレイクなどでは, 何人かの海外のレイトレの知り合いにも会う事ができて感動ひとしお. 新しいレイトレ研究アイデアも生まれました. CERN また, 知り合いのフランス在住レイトレ野郎を通じて, リヨンから車で 2 時間ほどで行ける, スイスはジュネーブにある CERN に行くことができました. CERN では観測器(?)からのデータが 20 PB/year くらいの規模であるそうです. ビックデータと行っても過言ではないかもしれませんね. 「PB 規模のデータの可視化にもレイトレが有効ですよ」, と CERNContinue reading “HPG 2014 report”