PS4Eye をハイフレームレートステレオカメラとして使う(試み)

by syoyo

PS4Eye は最大 240fps を出力できるステレオカメラとして魅力です.

https://github.com/ps4eye/ps4eye

カスタムファームウェアを利用すれば Linux などでも USB カメラとして利用することができます.

ただし, PS4Eye はコネクタが独自なので, まずはケーブルを改造(?)して, USB3.0 ケーブルとうまく結線してあげる必要があります.

Image

 

USB3.0 ケーブルから出ている白と緑の線は UBS2.0 互換のための線のようなので, 結線する必要はありません(PS4Eye 側にそもそも対応する線が無い)

また, USB3.0 対応 PC でも初期のころのものは対応していない? ようです. 実際に繋がるかどうかは USB3.0 対応機器に刺してみて確認してみる必要があります

参考までに, Samsung’s ARM Chromebook では認識されましたが, Thinkpad T420s では認識されませんでした.

Image

Chromebook の Ubuntu Linux で, Chrome を使って webcamera として使ってみた図. 傍のピクセルがおかしいですが, もともと横 1000 ピクセルほどが無駄に reserve されているようなので, これで正しいのかもしれません.

RAW モード? 

さて, 現在の ps4eye ファームウェアツールでは YUV422 のピクセルフォーマットに設定されていますが, PS4Eye は仕様上は 12bit RAW(Bayer?)が取れるようになっています.

RAW で取れるとよりよい諧調が取得できて, ステレオ画像からのデプス推定や三次元復元で有益です. うまくレジスタを設定して取得できるようにしてみたいですね.

Advertisements