[Cont] 3D composite software

by syoyo

3D(立体視) コンポジットソフトの続き.

NUKE + Ocula

Ocula は基礎的な 3D 編集しかできないらしい.
そのため、
実写 + CG が重なるようなケースでデプスベースの合成とか、
立体視でのレタッチとかが、十分できないらしい.

CEATEC 2009 にて、3D に力を入れた発表をしていた某大手家電の 3D の技術担当と話をしたのですが、
「立体視での実写 + CG の合成はどうしてますか?」
と聞いたら、「んー、人海戦術ですねー。いやー(実写 + CG の立体視デモ作るの)大変でしたよー」なんて答えが返ってきました。
たぶん 1 frame ずつ手作業をしたんじゃないでしょうか…
やはりまだ十分まともな立体視用の 3D コンポジットソフトは無いようです.

Quantel Pablo

立体視コンポジット野郎に聞いたところ、Quantel の Pablo という編集(スタジオ)も、
ある程度立体視編集に対応しているそうです.
ただこれはスタジオになるので使うとなるとハードルが高いですね.
あと、やはり立体視の合成が十分できる機能もないそうです.

NUKE その他

まー、そんなわけで、やっぱり立体視の合成は NUKE + (オレ様プラグイン)しかね?
な結果となったので、ちょっとNUKE の SDK を見てみました.
それなりにきちんとしている感じで、NUKE プラグインは書きやすそう.

あと、NUKER(?) から聞いたのですが、なんか NUKE は遅いらしいとのこと.
Shake と比べて速度が 1/10 とか.
そのためかどうか知りませんが、某スタジオの計算サーバ(数千ノード)の半分は NUKE 用のレンダーサーバに割り当てられているとか…

あと、なんか NUKE 結構バギーです. Windows 版を PLE で遊んでいますが、結構落ちます…

Advertisements