OSL(Open Shading Language)

by syoyo

(via Blender to renderman group)

http://opensource.imageworks.com/

Open Shading Language (OSL) is a small but rich language for programmable shading in advanced renderers and other applications. OSL is similar to C, as well as other shading languages, however, it is specifically designed for advanced rendering algorithms with features such as radiance closures, BRDFs, and deferred ray tracing as first-class concepts.

Imageworks からいくつかの OpenSource プロジェクトが公開され、
そのうちのひとつが OSL(Open Shading Language).

オープンな仕様で、レイトレベースで、コンパイラもオープンソースで提供されるらしい.

オープンなレイトレシェーダ言語はこちらも考えていたので、さて OSL がどれくらい使われるようになるかですね.
よい仕様でこれが普及してくれば、OSL にスイッチして lucille に取り入れるかもしれません.
まー、でも C ベースの言語仕様で、またコンパイラが Haskell で書かれていたりするわけでもないので、
OSL はフツーな言語でフツーな実装になりそうなのがちょっと残念かなぁ.
(ま、実際に仕様やコードが公開されてからいろいろ判断しますか)

Advertisements