How to educate (realtime) raytracing engineers to prepare for future demands?

by syoyo

The future is definitely (realtime) raytracing-based graphics.
But not now. But we have to prepare for it now.
Then the problem arises:
How to educate (realtime) raytracing engineers from now on, to prepare for exploding demands in the future?

[Ja]

いろいろな意味で、レイトレグラフィックスエンジニアを本格的に教育して増やして雇用を生み出して、
レイトレグラフィックス経済圏を作り出していく必要がだんだんと出てきました.
ってゆーかオレらだけでは近い将来のレイトレ需要を吸収できなくなりそうってだけなんですけどね :-)

まあレイトレグラフィックスの流れは確定的なのでその世の中の動きは歓迎なのですが、
問題は、将来は絶対に(特にリアルタイム方面で)必要になるのが分かっていても、
今はまだ十分に必要とされないのでどれくらいの需要を見越せばよいか予測が困難.
教育には時間がかかるので、今からやらないと間に合わない.
しかし今はまだそれほど必要とされていない(認知されていない)職業なので、
教育のための資金などをどっかの金持ちから集めたり、レイトレエンジニア志望を募ったりするのが困難.

どうしていったらいいでしょうかね…
ま、まずはできることからになるわけですが、かといって草の根的にやるのは時間もかかる.
もっと体系的で効率的な方法を見つけなければならない. で、そんなことを考えていても時間は過ぎ去っていくわけで、、、
今のタイミングでレンダラ財団があれば! レイトレエンジニアも育てやすかっただろうになぁ.

今回はタイミング的に実現できませんでしたが、
レイトレエンジニア需要の次にくる (リアルタイム) GI エンジニア需要のときにはそのときにこそ、
レンダラ財団を立ち上げておきたいなぁと思っています.

Advertisements