GM to file Chapter 11?…

by syoyo

さて、6/1 に発表されるという GM の行方ですが…
そもそもなんでこんなことになったのか、
駆け込み需要(?)として GM 関連の書籍を読んでみました.

そこで分かったことは、単純に大企業病にかかって経営がうまくいかず… というわけでもなく、
UAWや年金の問題というのも見えてきました.

なぜGMは転落したのか―アメリカ年金制度の罠
http://www.amazon.co.jp/dp/4532353521

書いたひとはロジャー•ローウェンスタインと、LTCM 破綻に関する本を書いたひとでもあります.
GM とありますが、内容の多くは副題にあるように年金制度に関するものです.

簡単にまとめるとこんな感じ.

-> 1900 年代前半、もともと労働者は虐げられ、年金も社会保険も無く働いていた…
-> 労働者にも権利を! UAW(組合)結成. ストして権利要求します!
-> GM: 働いてくれなくては困る… まー儲かっているし、いろいろ権利認めてやるよ
-> UAW: 年金、社会保険、家族への福利厚生とかゲット!
-> 世界恐慌到来.
-> GM: すいません、景気わるいんでリストラします.
-> UAW: オラオラー、勝手に首切るなー、雇用を保障せよ、ストします!
-> GM: 働いてくれなくては困る… 分かった、雇用保障します. 仕事なくて働いてなくても賃金 95% 保証するよ.
-> その後、GM は成長し、それにともない UAW の要求もエスカレート. 年金とかスゲー額に.
-> GM: まあ儲かってるからまだ問題ないでしょ. それに年金支払いは数十年後だし…
-> エコ社会到来、競争も増してきて、経営が苦しくなる
-> さらに高齢化社会到来、退職者への年金支払いとかのコストが増える
-> 2000 年頃からさすがにダメオーラが出始める…
-> GM: 無理っす、もう年金とか払えません…
-> UAW: いやいやダメだ、オレらが勝ち取った権利は手放さん!なんとかすべし.
-> そんなこんなで現在に至る.

なるほど、だから GM の破綻に関連するニュースでは、「UAW が…」 と組合がよく引き合いに出されていたのですね.
今の GM という会社はいったい誰のものなのか、考えされます.
こうも利害関係が複雑になると、会社の経営というのも大変ですね.
経営者は好き勝手にやるわけにもいかず、いろいろなことを考えなくてはなりませんね…

Advertisements