lucille v.s. PRMan v.s. 3Delight: continued.

by syoyo

soichi_h pointed out that RIB setting


Attribute "cull" "hidden" 0
Attribute "cull" "backfacing" 0

in previous benchmark scene makes PRMan and 3Delight significantly slower,
because in this setting PRMan and 3Delight traces&shades geometry which is hidden or back-facing.

Thus I’ve changed the setting into


Attribute "cull" "hidden" 1
Attribute "cull" "backfacing" 1

to make the situation same to lucille.

Here’s the new benchmark result with new scene(1M polys).

lucille_1×1_52s_txt.png
(52 sec, lucille)

prman_armadillo_1×1.png
(1m14s, PRMan)

3delight_armadilo_cull.png
(3m42s, 3Delight)

armadillo_graph.png

Hmm, lucille is not so faster(just 1.4x) than PRMan… I have to optimize lucille!

[Ja]

soichi_h さんから、カリングの設定が無効になっているので、
PRMan と 3Delight では裏面や不可視面でもレイトレとシェーディングが行われ、レンダリング時間がとても遅くなっていると指摘をいただきました.
たしかに 3Delight のドキュメントを見るとそのような記述がありました.
(カリングが on/off できるのは point cloud 生成のためのようだ)

というわけで、カリングを on にして、lucille でやっている処理となるべく同じにして、
ベンチマークを取り直してみました(こんどは Armadillo x 4 の 100 万ポリゴンシーンで).
PRMan の結果は soichi_h さんからいただきました.

んー、差が縮まってしまいましたね…
PRMan とは 1.4 倍(クロック比を考えると 1.7x ほど)しか速くありません.
3Delight とはまだ 5 倍くらい速いですが.

レイトレ最適化の優先度を上げますかね 🙂

Advertisements