Path tracing with Proce55ing.

by syoyo

rwp_pt.jpg
(Path tracing. Java applet. Java is launched)

Cont. of “Rendering with Proce55ing

I’ve implemented simple path tracer in Proce55ing.
512 paths per pixel, 256×256 in 80 sec. Wouldn’t it fast enough to teach GI in Proce55ing?

[Ja]

簡単なパストレもついでなので「なんかこう、ダダーっと」いう感じで Proce55ing で作ってみた.
球の色が床に付く大域照明効果(color bleeding)に注目.

256×256 解像度、4 subsampling, 128 path samples なので 512 samples/pixel 相当.
これで Core2 2GHz で 80 secs くらいで終わるので、学習用であれば速度は十分と言えよう.
GI を Proce55ing で教えるというはやはりアリだと思う.

いずれ BPT(Bi-directional Path Tracing), MLT(Metropolis Light Trasnport) まで Proce55ing で実装してみる予定です.
そこに加えて反射、屈折、BRDF, 空間データ構造, モンテカルロ基礎までやれば GI を一通りカバーできるかな.

(GI のこんなのも取り上げてほしい、というリクエストがありましたら教えてください)

Advertisements