ヒカルの GI

by syoyo

主人公・大域照明(おおいき・ヒカル)はごく普通の小学校6年生。祖父の家の倉にあった古い Utah teapot に血痕を見つけたヒカルは、その Utah teapot に宿っていた錬金術時代の天才光学者・ニュートンの霊に取り憑かれる。光追跡のルールもニュートンがかつて憑いていた陰影聖・Bui Tuong Phong の強さも知らないヒカルは、「神の一追跡を極める」という彼の壮大な目標に付き合わされ、彼にせがまれるままに光を追跡することになる。以降、ニュートンはヒカル以外には姿も見えず会話もできず、物を動かすことすら出来ない存在であることを前提に話は進む。

通称、ヒカ GI(ヒカギ).
これで CG 教本を書いたらおもしろいと思うんですよね。

Advertisements