Ray tracer language comparison

by syoyo

Ray tracer language comparison
http://www.ffconsultancy.com/languages/ray_tracer/index.html

perf_all_amd64.gif

Note that functional language(OCaml) runs competitive with C++ in overall, but OCaml needs just 1/2 code length compared C++.

Many amateur programmers measure their productivity by how many lines they wrote per day(or for their project).
“Yeah, I wrote 1,000 LOC today! I’m great!”, NO! this is meaningfull.
I believe shorter LOC is anytime better, since lesser code can easily be maintained, debugged and understood.

I hope many graphics programmer would pay attension to functional language(OCaml, Haskell, F#, etc. I love Haskell BTW), in terms of its beauty, cleanness and reasonably fast execution(especially with OCaml language).

I think many graphics program(raytracing, shader, etc) can be written in functional language with straightforward manner, than writing it in C++.

[Ja]

“オレは一日 1,000 行コード書くぜ” “おおー、こいつはすげぇ”
というような風潮は何時から生まれたんでしょうかね。
コードの長さではなくて、いかにして効率的にアルゴリズムをコードに落とすのかが重要だと思います。
そういう理由が一つとして、私は関数型に注目しています。
また、MUDA もそのような理由から生まれました。
つまり、コード記述量を減らしていかにして生産性を上げるにはどうしたらよいか。
(MUDA の目的はパフォーマンス指向の SIMD プログラムを、いかに効率良くポータブルに書けるようにするか)

“オレは今日は自分のプログラムをさらに 1,000 行削って短くしたぜ” “おおー、こいつはすげぇ”
という風潮にならないかな?まああまり短いことに拘って、可読性がなくなるのも問題ですが。
(特に Haskell では、短くしすぎてなんだかなにやら分からなくなっている、というケースが多い気がします)

Advertisements