生存者バイアス

by syoyo

あ、私は (ラスタライザベースの) GPU は終わる、と予測していますが、
まあ当たったところで、「ほれみろオレの言った通りだ」なんて風潮するのは愚かなことです。
そんなのは実のところ、まぐれであり生存者バイアスにすぎないのです。

過去 5 年を振り返れば、もし毎年 「GPU は終わる」とオオカミ少年のように
繰り返し言ったところで、ことごとく外れているわけですから、
逆にまったくお前の予測は当たらない、というふうに解釈もできるわけです。

[1] にもあるように、世の中のほとんどの、
「私が成功した〜の理由」「私は〜を予測していた」「〜がこれから来る」
なんて成功者などが語っているたぐいのものは、
まぐれだったにすぎないのです。

まぐれを自分の(予測の)才能と勘違いするのは、
「100 円を元手に、一日一分の時間で、20 日で 1 億にする方法」
という内容の本を書くくらい、愚かなことです。
(元ねたはもちろんわかりますよね)

大切なのは、

「将来こうなる」と予測することではなくて、
「将来こうなる」と思うなら、その機運に乗っかって自らが変革の源泉になること。

予測するだけなら、オオカミ少年でも出来ますからね。

というわけで、マジでラスタライザベースの GPU は
MUDA とリアルタイムレイトレでツブしにかかります

[1] まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
http://www.amazon.co.jp/dp/4478001227

Advertisements