align.vim

http://mysite.verizon.net/astronaut/vim/align.html#Examples うわ、こ、これはすごい… vim 用の整形プラグインです。 いままで ‘=’ や変数定義の整列とか手作業でちくちくやっていて、 めんどいなぁ、uncrustify とかの整形ツール使ってみたけどいまいち思い通りにならないなぁと思っていました。 試してみたところ、いくつかはうまく動いてくれない機能があったりしましたが、概ね満足した動作。 vim 上でのコードの整形について、積年のもやもやが一気に解決されたきがします。 このプラグインでソースコード整形はすべて事足りそうかも。 こんなすごいプラグインがあるなんてつゆ知らず… vim プラグインも探すともっとすごいのがあったりするでしょうか。

EXOCHI

EXOCHI: Architecture and Programming Environment for A Heterogeneous Multi-core Multithreaded System Perry H. Wang, Jamison D. Collins, Gautham N. Chinya, Hong Jiang, Xinmin Tian, Milind Girkar, Nick Y. Yang, Guei-Yuan Lueh, and Hong Wang PLDI 2007. http://portal.acm.org/citation.cfm?doid=1250734.1250753 まだ abstract くらいしか見ていませんが、Intel が、Core2 と、 GMA(Graphics Media Accelerator) を演算プロセッサに見立てた?ものとの、異種混合環境むけのコンパイラとデバッグ環境を作ってみました、という感じの論文です。 基本的には OpenMP 指示文を拡張して、子コア(GMA)での実行コードは GMA のアセンブラを記述します、という感じのようです。で、fat binary 化すると。これは CUDA とも似たようなものですね。デモプラグラムは画像フィルタなど並列化しやすいものばかりですが、1.4xContinue reading “EXOCHI”

Atomic ops in CUDA 1.1

http://developer.nvidia.com/object/cuda.html [En] Atomic operation is now supported in CUDA 1.1 profile. 1.1 profile is supported on G84 or G86 chip. I think various CPU method can be now easily mapped into GPU by this atomic op facility. [Ja] CUDA 1.1 で、待望の? アトミック処理がサポートされています。 ただしグローバルメモリに対してのみ, 扱えるデータ型が int32 のみとなります。 1.1 のプロファイルは、G84 or G86 で使えるようです(なぜか G80 では使えないようです)。 これで、かなり CPUContinue reading “Atomic ops in CUDA 1.1”

ANTLR v3 book

http://www.amazon.co.jp/Definitive-Antlr-Reference-Domain-specific-Programmers/dp/0978739256 どうにも ANTLR のサイトにある v3 のドキュメントはまとまりがないので、購入してみました。 タイトルに reference にある通り、多くのページがリファレンスに割かれていますが、 ANTLR v3 入門も最初のほうに少し書いてあります。 入門はサイトにあるこまぎれなチュートリアルよりはまとまりがある、という程度の体裁ですが、 それでも初学者がひととおり全体を理解するのには十分な感じです。 これで効率的にシェーダコンパイラが書けるようになる… かな… ただ、java 以外のランタイム、たとえば C ランタイムや python ランタイムの 使い方の説明がないのがちょっと残念。オンラインマニュアルにもほとんどそれらの解説がないし…

Coherent Metropolis Light Transport with Multiple-Try Mutations

from ompf.org. Coherent Metropolis Light Transport with Multiple-Try Mutations Benjamin Segovia, Jean-Claude Iehl and Bernard Péroche http://bat710.univ-lyon1.fr/~bsegovia/papers/cmlt.html [En] Then proposed the MLT variant method combined with Coherent raytracing for accerelated MLT rendering. They used MTMH(Multiple-Try Metropolis-Hasting, which is also used in MIR paper) for lens subpath perturbation. Points generated are distributed locally so coherent raytracingContinue reading “Coherent Metropolis Light Transport with Multiple-Try Mutations”

ばね

今年の 5 月から, Prof. F が戻ってこられて, バネにまつわるアツい講義をしてくださっていました。 毎週講義を楽しみにしていたのですが… ええええっ!! Prof. F のバネの講義ってもう終わりなの!? てっきり 200 年に渡るバネを巡る確執にまつわる講義を末永くしてくれるものだと思ったのに… 明日から誰に師事して生きていけばいいのだろうか…

malloc performance

[En] I’m now tring to write high performance BVH(Bouding Volume Hierarchy) raytracer combined with Intel’s recently proposed approximate SAH construction method [1]. I’ve started from writing efficient memory allocator. http://lucille.atso-net.jp/svn/angelina/spatial/dynamic_bvh/ System’s default malloc() does not guarantee 16 byte aligned memory allocation(glibc: 8 byte, darwin: 16 byte) for SSE data manipulation. And more, we might needContinue reading “malloc performance”

Highly Parallel Fast KD-tree Construction for Interactive Ray Tracing of Dynamic Scenes

Highly Parallel Fast KD-tree Construction for Interactive Ray Tracing of Dynamic Scenes, Maxim Shevtsov, Alexei Soupikov and Alexander Kapustin. EUROGRAPHICS 2007. [En] http://graphics.cs.uni-sb.de/Courses/ss07/sem/index.html When I posted the article about “stackless kd-tree traversal” [1], I felt `kd-tree has no future’. But I must take back what I have just felt and I have to say `kd-treeContinue reading “Highly Parallel Fast KD-tree Construction for Interactive Ray Tracing of Dynamic Scenes”

RSL grammer for ANTLR v3

[En] I’ve finished writing grammer for RSL(RenderMan Shading Language) with ANTLR v3 parser generator. It’s my first step and trial of ANTLR and LLVM based shader compiler & shader VM for lucille. http://lucille.atso-net.jp/svn/angelina/shaderlang/ The grammer is checked by a few dozen of primitive shaders. I’m been familiar with BNF style(bison/flex) to write grammer, so I’veContinue reading “RSL grammer for ANTLR v3”

LLVM Developers’ Meeting Proceedings

http://llvm.org/devmtg/2007-05/ ちょっと前に開かれた、LLVM 開発者ミーティングの video や slide が公開されています。 あまり濃ゆい内容ではないものの、Apple’s OpenGL での LLVM の利用のされかたがなんとなく わかるスライドがあります。 あと、gcc だけじゃオレらの要求を満たせんので、オレら LLVM 向けに新しい C フロントエンドである clang つくることにしたっぺよ、というプロジェクトも紹介されていたり。 この clang は、open source で Mac 以外のプラットフォームでも提供されるようだと面白くなりそうな気がします。 # しかし youtube video の view の少なさが気になります。 # 実は LLVM ってまだあんまり人気ないんだろうか?