Metropolis Instant Radiosity

by syoyo

Benjamin Segovia, Jean-Claude Iehl and Bernard Péroche
Metropolis Instant Radiosity
Proceedings of Eurographics 2007, to appear
http://bat710.univ-lyon1.fr/~bsegovia/papers/mir.html

[En]

I just have granted the paper and found MIR(Metropolis Instant Radiosity) would be one of the best method to compute diffuse illumination contribution.

MIR possibly efficiently handles illumination for scenes with complex visibility and they say MIR can be easily pluggable to existing renderer. Fantastic!

Specular or caustics path cannot be handled yet, but they list it in the future work.

[Ja]

まだ軽く読んだだけですが、これはなかなか良さそうな手法です。

また、論文では Multiple-Try Metropils-Hasting 法というのを取り込んで
さらに MIR の計算の効率化を図っています。

Metropolis-Hasting 法による VPL(Virtual Point Lightsorce) の選択は、
Kollig and Keller の Instant Global Illumination にもそのままつかえんじゃね、
と思いますがどうなのでしょう。論文ではちらっと cite しているだけですが、
そちらに適用したほうがよりよい結果が得られそうな気が素人考えではするところです。

もう少し詳しく読んでみて,できれば実装してみてテストしてみたいところです。

ところで、diffuse 照明の計算はまだまだ研究すべき領域ですが、
radiosity という用語はそろそろ使わないほうがよさそうな気がします。
今の世の中

radiosity is dead.
photon mapping is obsolete.
MC-based ray tracing is cutting edge

な雰囲気だと思いますので。
(正確に言うなら mesh-based radiosity is dead というところでしょうか)

Advertisements