効率的市場仮説 2

by syoyo

ユージン•ファーマの効率的市場仮説(Efficient Market Hypothesis) [1] に関係するお話を
DS lite で表現すると、、、

(ニュース) DS lite は大人気、どこも品切れです!

だが、あるおもちゃ屋で DS lite が売っていました。
そこに通りすがったのが、、、

o 「ゲーマー」だったら、、、
「とりあえず買っとけ!」
(DS lite 買えてラッキー!)

o 「統計学者」だったら、、、
「記録しろ!」
本当に DS lite か?もしかしたらおもちゃ屋は
ワンダースワンを DS lite と偽って売りつけようとしていないか?
100 個購入し、99 個がワンダースワンであったら、
”あのおもちゃ屋は偽物を売っている”と主張する
(統計を取るだけで、あとは満足する)

o 一方「経済学者」だったら、、、
「買うな!」
DS lite は大人気でどこも品切れであるので、
DS lite が売っているはずがない。
もし本当にこのおもちゃ屋が DS lite を売っているのだとしたら、
DS lite は大人気なので既に売れているはずであるからである。
きっと偽物の DS lite を売っているに違いない。
(DS lite は大人気でどこも品切れ!と心の中で思ったならッ!
そのときスデに DS lite は売り切れているんだッ!)

この「経済学者」の行動が、効率的市場仮説に基づく行動ということですね。
(「経済学者」が効率的市場仮説を信じているとする)

さて、あなたならどう行動する?

ちなみに、効率的市場仮説は発表当時は異端とされていたようですが、
現在では広く認知されており、
年金運用など安定した運用を行いたい機関では効率的市場仮説に従って、
インデックスファンドなどの平均株価指数へ投資する資金運用が盛んになっています。

[1] Fama, E. F., 1970, Efficient capital markets: A review of theory and empirical work, Journal of Finance, pp383-417.

Advertisements