Efficient Wavelet Rotation for Environment Map Rendering

by syoyo

Ke-Sen Huang 大先生のところで、EGSR 2006 の論文リストが公開されはじめています。

http://myweb.hinet.net/home7/hks/Papers2006/egsr2006Papers.htm

いまのところは

Efficient Wavelet Rotation for Environment Map Rendering
http://www.cs.virginia.edu/~gfx/pubs/wrt_egsr/

くらいしかありませんが、これはついに PRT 問題のひとつである
wavelet 空間での「回転」を解決しています。
しかし、残念ながら解析解ではなく、数値計算による前計算テーブルを brute force に引くようで、
また結構なデータ量を使います(それって Efficient って言えるのかな?…)。

Wavelet を使う PRT(前計算放射輝度伝達)では、SH(球面調和関数) を使う PRT に比べて
高周波数を扱えるという利点がありましたが、逆に SH では容易な SH 空間
での回転が wavelet では(wavelet 空間で)できないという欠点がありました。

wavelet 空間での「回転」はまだまだ研究の余地がありますね。
「穏やかさ」を与える「回転」も研究しなくてはなりません。

Advertisements