Energy Redistribution Path Tracing

by syoyo

David Cline, Justin Talbot and Parris K. Egbert
Energy Redistribution Path Tracing
ACM Transactions on Graphics (SIGGRAPH 2005 proceedings)
http://rivit.cs.byu.edu/a3dg/publications.php

メトロポリス光輸送(MLT)のような考え方を、
パストレーシングのコンテキストに導入した手法。
略して ERPT。

メトロポリス光輸送も経路のサンプリングのために
パストレーシングなどを用いますが、
こちらはメトロポリス法の考えをパストレーシングの
中に取り込んでいます。
(論文では両者を組み合わせたハイブリッドな手法と言っています)

それにより、パストレーシングの持つ利点を生かせ、
逆にメトロポリス光輸送の持つ欠点を克服することが
できるようになっています。

本手法の利点は、

  • スタートアップバイアスがない
  • ピクセル単位で層別化しやすい
    (メトロポリス光輸送は画像面で大域的に動くので、
    ピクセル単位でコントロールしずらい)
  • パストレ自体がエルゴード性を満たすので(ちょっとこれは実際のシーンでは疑問だけど…)、
    MLT のように複雑な経路の変異(mutation)を行わなくてもよい。

です。

基本がパストレなので、MLT よりも実装は容易となっています。

今回じっくり論文を読み、大体しくみがわかりました。
これなら実装できそうですし、実際に正しく動くのか検証もしてみたいので、
SBR 2005 に ERPT を引っさげて本格出走します。
(まだ公開はされていない wavelet importance sampling も実装してみたいですが) 

ERPT のより詳細な論文解説は SBR 2005 で。


http://lucille.atso-net.jp/sbr2005/index.php?Energy%20Redistribution%20Path%20Tracing

Advertisements