Digital baby

by syoyo

先月くらいの CG world でも紹介されていましたが、
映画「レモニースケットの世にも不幸せな物語」では、
いくつかのショットで実写とみまちがうほどの
赤ちゃん(サニー)の CG レンダリングが行われています。


http://www.panoscan.com/PanoPress/2005Press/Lemony/LemonySnicket.html

サニーのレンダリングには、CG world に書いてあるように、
大域照明+サブサーフェススキャタリング+HDRI が使われています。
(放射照度キャッシュも使われたみたい)

特に、サニーの顔は、サブサーフェスの計算を行うために、
ポイントでレンダリングしたそうです。
ちなみにレンダラは PRMan のようです。

映画館で見てきましたが、マジでぜんぶ本物だと思いました。
…ってかぜんぜん CG だってわかんねーよ!

これも大域照明とサブサーフェススキャタリングのなせる業ということでしょうか。

ついでに、パペットモデルも使われたようです。

http://dvdtimes.co.uk/content.php?contentid=56902

Advertisements