Lpics: a Hybrid Hardware-Accelerated Relighting Engine for Computer Cinematography

by syoyo

Pixar の前編 photon map 使用らしいと噂されている
新作映画 Cars で使われたであろうリライティングの手法に関する論文が 
SIGGRAPH 2005 に採択されています。

Lpics: a Hybrid Hardware-Accelerated Relighting Engine for
Computer Cinematography
F. Pellacini, K. Vidimce, A.
Lefohn, A. Mohr, M. Leone, J. Warren
SIGGRAPH 2005
http://www.graphics.cornell.edu/~fabio/publications.html

Pellacini 氏は、さらに自動シェーダ簡略化の論文も SIGGRAPH 2005 に通していますね。すごいなぁ。
(ていうか SIGGRAPH 2002 では三本の論文に名を連ねていたのか…)

論文はまだ公開されていませんが、web の画像をみると
2000 秒かかる処理が 0.1 秒でできるような手法らしい。
(2 万倍の高速化…)

プロダクションレベルのリライティング、リレンダリングの手法については、
OpenGL を使ったリライティングエンジンの提案が昔にありました。

A Fast Relighting Engine for Interactive Cinematic Lighting
Design

Reid Gershbein and Pat Hanrahan, SIGGRAPH 2000. 
http://graphics.stanford.edu/papers/fastlight/

Lpics はこれに間接照明 + 最近のプログラマブル GPU のエッセンスを加えて拡張した
手法になるのでしょうか。

PhotoRealistic RenderMan(prman) にはすでに Irma というリレンダラがあります。
将来の prman にはこの Lpics が組み込まれるようになるのかな。

Advertisements