Irradiance Filtering for Monte Carlo Ray Tracing 2

by syoyo

さて、前回 412 万レイ/秒と書いてしまいましたが、
どうもよくよく論文を見てみると、結果の表の数値を
読み間違っていたようです。

なんか数値にスペースがあるので、単に「.」が抜けている
だけかと思いましたが、どうも total 時間との整合性を
考えると、「,」と読み取るのが正しいようだ….

というわけで、結局ヘリコプターのシーンでは、
5, 531 秒(irradiance filtering)かかっているようです。

irradiance filtering の equal quality である irradiance cache
にいたっては、約 3 万秒…

フォトンマッピングや放射照度推定も考えれば、
この時間は標準的なものと捉えてよさそうです。

いずれにせよ、コントロールが難しく、
かつしみのようなアーティファクトを消すのも困難な
放射照度キャッシュに比べれば、
論文の提案する放射照度フィルタリングのほうが
実装しやすいし、既存の MC レイトレに組み込みやすいと思います。

というわけで….

K 場: 間接照明におけるグローバルイルミネーションの I.Q. その 1 !!
放射照度キャッシュの弱さを知れ!!

それを克服する最強の手法が、

放射照度フィルタリング(IF)だ!!!

O 田: 放射照度キャッシュを克服する手法…
放射照度フィルタリングかあ!

M 浦: ちくしょー 早く使ってみてぇー!!!

Advertisements