AGP readback の怪

by syoyo

GPU Jackpot での講演スライドに、不可解な数字がある。


ftp://download.nvidia.com/developer/presentations/2004/GPU_Jackpot/GeForce_6800_Performance.pdf

Increased Read Back Performance の項目によると、
GeForce 6800 では、AGP におけるリードバックのパフォーマンス
が 600MB/sec – 1.0GB/sec に向上しているとのこと。

PCI-Express(Quadro FX 4400)でのリードバックが 1.0GB/s ですから、
PCI-Express 並みのパフォーマンスということになります。

AGP x8 の帯域は 266MB/sec ですから、

http://lucille.sourceforge.net/blog/archives/000345.html

普通に考えると 600MB/sec – 1.0GB/sec というのはありえない数字です。

AGP チップセットによる、とありますので、考えられるのは、
チップセットか GPU 内にリアルタイム圧縮転送機能でもあるのかな?

そういえば、NV の特許にカラー圧縮というのがあった気がします
ので、少し調べてみようかな?

ついでに、GeForce 6800 を gpubench にかけると、
ADD と MUL だけほかのインストラクション(たとえば SUB や MAD)
よりも 2 倍のパフォーマンスになります。

というわけで、ここから GF6 の FP unit の構成が見えてきたりするわけ
ですが…

Advertisements